WORKSHOP

伊勢型紙を知る

   ワークショップ

亀山プペル展では三重県の良いものをご紹介したいと思い、会期中に伊勢型紙のワークショップを開催します。

じっくりコースとお手軽コースの2種企画しましたので、ぜひご参加ください♪

 

伊勢型紙は、美濃和紙を柿渋で張り合わせ、燻煙と乾燥による伝統的な製法で作られます。

彫刻刀で文様や図柄を丹念に彫り抜いたものを型にし、着物の生地等を染めるのに用いられます。

染め型としてだけでなく、彫刻した紙そのものが作品にもなり、しおりやランプシェードなどの商品になっています。

 

三重県鈴鹿市で主に生産されており、現在流通している90%以上の伊勢形紙はこの地区で生産されているそうです。

伊勢型紙の新たな魅力を知り、職人の技に触れてみてください。


じっくりコース 
~自分で彫る・染める!

 オリジナルノートブックを作ろう~  

伊勢型紙の彫り師さんにご指導いただき、型紙を小刀で彫り、それを使って染めてオリジナルのノートを製作します。(表紙のしっかりしたノート)

何種かご用意した型紙の図案の中からお好きなものをお選びいただけます。(プペル限定柄も!)

講師:伊勢型紙職人 那須恵子さん Instaguram→https://www.instagram.com/kamihori74/

日時:4月22日(土)
   ①10:00−11:30
   ②13:00−14:30
参加費:2000円
定員:各12名


お手軽コース
〜型紙しおり作り〜

 しおりサイズの型紙を彫り、ポストカードを染めます。(染めは任意)

 お手軽に体験できます。しおり(型紙)とポストカードをお持ち帰りいただけます。

(※22日以外は職人さんによる指導はありません。プペル展スタッフが作り方をご案内します)

 日時:会期中随時

(22日のノートブックワークショップ中はお休みです)

 参加費:500円

※カッターを使用できる方。お子さまのご参加は、保護者の方と一緒にお願いします。


:::お申し込み:::

ご予約はじっくりコースのみとさせていただきます。

お手軽コースは会場受付にてお申し込みください。

お名前、ご住所、お電話番号、①②のどちらに参加するかを記入の上、下記のアドレスまでご連絡下さい。

折り返し参加費のお振込先をご案内いたします。

 poupelle.kameyama@gmail.com


たくさんのお申し込みおまちしております♪

(写真はイメージ写真です)